ご予約・プランはこちら

相模湾 伊豆 真鶴半島 地魚三昧の店しょうとく丸へようこそ。相模灘の地魚を思う存分召し上がれ

 

伊豆 真鶴半島 しょうとく丸の魚は何故美味い?

地元真鶴港をはじめ、小田原、伊東、川奈などから水揚げされた伊豆 相模湾のお魚たちを
熟練の調理人が腕をふるいます。


ウニやマグロなど、地元でとれない食材はお出ししたくない。 それが地魚にこだわる「しょうとく丸」流のおもてなし。

地元真鶴港をはじめ、小田原、伊東、川奈などから水揚げされた伊豆 相模湾のお魚たちを 熟練の調理人が腕をふるいご提供しています。せっかく真鶴までお越しいただいたのですから自慢の地物を思う存分お楽しみください。

*当店では新鮮なお刺身をおだしするため、ご注文いただいてからお魚を調理いたします。
そのため、ご提供にお時間を頂くこともございます。予めご了承ください。





目の前に広がる相模湾を眺めながら地魚三昧!

相模湾の海の幸 ヨット

地魚三昧 お品書きの一例

地魚料理 お品書き 一例


 

森が魚を育てる

真鶴の地魚は何故美味い?

温暖な気候と相模湾という国内でも有数の漁場に囲まれた真鶴半島には、

毎年数百種類の魚が水揚げされます。

真鶴に根付く魚は「魚付き保安林」という真鶴半島の大部分を占める原生林(地元ではおはやしと呼んでいます)

によって守られています。


森から落ちた葉や虫の死骸が海に流れ出て、プランクトンの育成を促進し、それを狙った魚たちが集まります。
さらに、北向きに位置した半島が作る影や、森が一時的に雨水を貯めるので水温が安定する等、魚たちには非常に都合の良い環境を作り出していると言われています。

『魚を守る森~おはやし~魚付き保安林』のお話はこちら>>>

おはやし 魚付き保安林真鶴半島俯瞰

しょうとく丸 もうひとつのスペシャリテ

頑固一徹 手造りひもの

頑なに”鮮度”と”塩加減”にこだわり続けて40年

地元でとれたての鯵、鰆、えぼ鯛、鰯、かわはぎなどを特製の塩や秘伝のみりんに漬けて天日で干しました。

しょうとく丸の絶品自家製ひもの&自家製しおから

店頭でも通販でも絶好調販売中!!

しょうとく丸 自家製ひもの自家製 しおから

地魚三昧の店 しょうとく丸   ℡ 0465-68-1611

営業時間11:00~19:00(L.O.)>

 

JR東海道本線「真鶴」駅より約2km 

真鶴半島行きバス「里地」停 目の前

箱根登山バス 時刻表

〒259-0201神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1162-1
電話0465-68-1611